ウォーターサーバーは震災の非常飲用水としても活躍

###Site Name###

これまであまりウォーターサーバーに興味がなかった人でも、東日本大震災をきっかけに契約を考えたという利用者も多いです。
日本では飲用水は当然のように蛇口から出てくるものという認識ですが、震災があった場合はライフラインが一時的でも寸断されます。

昨今の震災への備えが重要視されていることもあり、飲用水の確保が重要です。

自治体からの救援物資や、インターネットショッピングですぐにでも入手できると期待しているという意見もありますが、店頭で販売されているペットボトルの飲用水は買い占められていたこともニュースで報じられていました。



すぐに救援物資が届けられるはずと思っていても、実際には救援物資のほとんどは人手不足を理由に窓口で止められています。
これは東日本大震災だけでなく、阪神淡路大震災の時も同様でした。過去の震災の教訓として、必要な食料や飲用水は自分たちで確保しておくことが求められています。



ペットボトルの飲用水を近隣の小売店などで購入してもよいですが、購入して持ち帰るには限界があります。

定期的に購入する手間や重い荷物を持ち帰ることを考えれば、ウォーターサーバーの契約をして宅配をしてもらう方が負担がありません。



ウォーターサーバーの契約では、宅配料金や契約手数料を無料にしたり、メンテナンス料込の料金で契約ができることが多く、基本料金も割安になっています。

ウォーターサーバーは高額という印象がある人には、実際の契約料金を見て利用する価値を見出せるかもしれません。