最新ウォーターサーバー事情

###Site Name###

ウォーターサーバーの役割としては安全飲料水を提供するための装置です。

10リットル以上のペットボトルやバッグに水を詰め、それをサーバーにセットすることで水道のように水を供給するというもので、主に水道事情の悪い欧米で広く普及したサービスです。

日本でも10年ほど前から登場しており、安価に安全でおいしい水を提供してくれています。

ウォーターサーバーの種類としてはサーバーの種類と水の種類に分類されます。
現在のウォーターサーバーでは単なる給水装置としての役割だけではなく、冷水と温水の提供が可能となっています。
さらに近年話題の水素水を発生させる装置を備えたサーバーも登場するなど、進化と多様化しています。

特に現在では令温水の提供は標準的なものとなっていますから夏には冷たい水をいつでも飲めますし、年中を通して温水を利用することができます。

またそれらの冷温水を発生させるサーバーも省エネが進んでおりランニングコストも低くなっています。



一方で使われる水の種類としては、RO水と天然水に別れます。


ウォーターサーバーの役割としては安全な水の提供であるため、RO水がもっともランニングコストが安いメリットがあり現在でも支持されています。



天然水も人気がありますが、ややランニングコストが高くなりますが、ペットボトルの天然水を購入するよりも安価で大量の水をらくらく利用できることから人気があります。


サーバーレンタル料の多くは水代に含まれるのが一般的となっています。